野菜ジュースおすすめランキング

野菜ジュースおすすめランキング!人気3選を徹底比較!

野菜ジュースおすすめランキング!栄養が摂れる人気の3つを徹底比較!

最近では、食生活の乱れによる野菜不足を「野菜ジュース」で補う事が人気になってきています。実際コンビニやスーパーにも沢山置いてありますが、量がありすぎてどの野菜ジュースが本当に効果があるのか分からないですよね。

 

そこで野菜ジュースを選ぶ時に失敗しない、おすすめの5つのポイントを紹介したいと思います。

 

 

野菜ジュースで効果を実感する為に、おすすめする5つのポイント

 

食塩が入っていない野菜ジュースを選ぶ

 

2015年に変更された食塩の摂取量は男性が8.0g未満、女性が7.0g未満なのですが、日本人の摂取量の現状は平均10.4gとなっていて今のままでは2.4g食塩の過剰摂取となります。ですが、もし野菜ジュースで食塩の量を減らす事ができれば、生活習慣病の発症リスクも同時に下げる事が出来るので、食塩不使用がおすすめです。

 

 

ジュースになる前の野菜の品質にも気をつける

 

野菜ジュースになる野菜には、あまり安全を感じられない産地などがあったりするので、全部とは行きませんが、健康の為にも、ある程度考えられた野菜を含んだものが良いです。

 

 

果汁が少ないく野菜が豊富に使われている

 

もちろん果物が入ったジュースは甘みが強くおいしいですが、果汁が多く含まれるほど糖質が高くなる特徴があります。糖分はカロリーが高く肥満などにも影響するので、気をつける必要があります。

 

栄養素があまり失われていない野菜ジュースを選ぶ

 

製造の工程で栄養素が失われている野菜ジュースが多いので、成分表などを確認し含有量を確認する事がおすすめです。

 

添加物が入っていない野菜ジュース

 

保存料・香料・着色料など、添加物が入っていない野菜ジュースでないと、「香料」と表示があっただけで複数の添加物が配合されている事があります。

 

 

おすすめ野菜ジュースランキング!栄養素と安全性を徹底比較!

 

ピカイチ野菜くん

 

「国産無農薬・保存料添加物不使用・微酸性水殺菌」の唯一の野菜ジュース

 

ここまで徹底された野菜ジュースは他にはなく「素材・製造工程・殺菌方法」どれをとっても群を抜いています!
「素材」は、「北海道・青森・長崎・宮崎・鹿児島」の希少な無農薬にんじんを葉っぱごと使用しており、糖度まで測られた人参に、少量のレモンを入れる事でクセが消え、にんじん本来の甘みがあるジュースが楽しめます。

 

また「製造工程」においても徹底されており、手作業で検品から野菜ジュースの製造まで行い、更に温度管理までしているこだわりっぷり!

 

使っているジューサーも野菜の酵素や栄養素を壊しにくい、今人気のスロージューサーを大型にした最新のマシンで絞っているので、栄養素の残量は市販の野菜ジュースとは、比べ物になりません。

 

殺菌処理においても、ジュースになる前のにんじんに微酸性水で洗浄し殺菌しているので、栄養素をフルに活かす事ができます。

 

配送においても冷凍で送ってくれるので、鮮度を逃さず、香りの良いフレッシュな野菜ジュースを楽しめます。
安全性も高く、これなら妊婦さんでも安心して飲む事ができるので、家族で野菜不足を解消してもいいかもしれません。

 

ただ1つ欠点があるのですが、解凍する手間が少しあるので、栄養価と安全性が下がっても、もう少し手軽に飲みたい方というには、次から紹介する缶の野菜ジュースがおすすめです。

 

初回限定の税込価格 2,484円
通常購入の税込価格 6,210円(定期コース4980円+3パック増量)
1日あたり価格 初回75.3円 定期購入150円
原材料 国産無農薬人参(北海道・青森・長崎・宮崎・鹿児島)産、レモン
総合評価

 

 

ミリオンストア

 

緑黄色野菜をふんだんに使った、保存料一切不使用のとっても濃厚な野菜ジュース

 

他の野菜ジュースと比べ使用されている野菜が15種類ととても多く、量も350gと沢山の野菜から作られています。また保存料も一切不使用で体への負担が抑えられているので、一般的な野菜ジュースと比べ安心して飲む事ができます。

 

その他にも、熱での殺菌の際、失われる栄養素のビタミンも後で足してくれているので、栄養価も高く、食物繊維も2.1gと丁度いいくらいの量が含まれているので、バランスも良く食物繊維を摂ることができ、便秘改善などの効果も見込めます。

 

また、なんといっても市販品と同じ野菜ジュース感覚で、簡単に野菜を摂る事ができ、忙しくてどうしても野菜を摂る事ができない方でも、手軽に毎日続けられる所が魅力です。

 

ですが、どうしても熱処理や加工の工程で全体的に、栄養素が減ってしまう事や、濃厚な分、若干のクセがあるので、その点だけ気をつけてもらえればと思います。

 

ただ、パッ!と飲む事ができて、食物繊維とある程度の栄養素を確保できればいいって方には、おすすめです。

 

初回限定の税込価格 4,050円
通常購入の税込価格 8,100円(定期コース6885円)
1日あたり価格 初回135円 定期購入229円
原材料 【濃縮還元:ブロッコリー・かぼちゃ・パセリ・ピーマン・キャベツ・ほうれん草・あしたば・カリフラワー・アスパラガス・レモン・アスパラガス】、濃縮にんじん、セルリー、レタス、クレソン、糖類(乳糖、ぶどう糖)、にんにくエキス、環状オリゴ糖
総合評価

 

 

サンスター健康道場

 

りんごを加える事でまるで、野菜ジュースのように美味しく飲む事ができる青汁です。

野菜ジュースではなく、青汁という事で3位としていますが、美味しく飲めるという観点から考えると、こちらの方が飲みやすさは上です。

 

また、ミニオンよりも栄養価が高く、B-カロテンがピーマン4個分、ビタミンCがイチゴ10個分、カリウムがりんごの1.5個分、鉄分がドライプルーン3個分、カルシウムがいわし1匹分など、熱で殺菌処理された野菜ジュースからは、摂取が難しいほどの栄養素を含みます。

 

食物繊維量は1.2gほどですが、これでも多い方であり、逆に多すぎるとバランスが崩れる恐れがあるので、実は「多い=体に良い」と言う訳ではありません。

 

その他にも、砂糖、食塩、香料、保存料不使用の無添加なので、体の負担になってしまう余計な成分は一切入っていないところもポイントです。

 

こちらの青汁ジュース、手軽さや、美味しさ、栄養価ともに良いのですが、りんごを使っている分、少し糖分が多く、野菜の半分は外国産なので、気になる方はピカイチ野菜くんがおすすめです。

初回限定の税込価格 なし
通常購入の税込価格 定期コース6,480円
1日あたり価格 定期購入216円
原材料 ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン
総合評価

 

 

野菜ジュースのQ&A

 

野菜ジュースを摂っていれば、野菜は食べなくてもいいの?

A.食事から野菜を摂取する事も必要です。野菜ジュースには水溶性食物繊維が多く含まれているので、繊維質である不溶性食物繊維を摂取しなければ、バランスが崩れ下痢になってしまう可能性があります。野菜ジュースは栄養補給にとても優れていますが「普段の野菜不足を補う為」に活用する位の意識で、摂取してください。

水溶性食物繊維にはどんな効果があるの?

A.主に便秘解消の効果が有名ですが、その他にも脂質の吸収を抑える「ダイエット効果」。腸内の毒素を排出する「デトックス効果」。血圧と血糖値の上昇を防ぐ「生活習慣病の予防」など様々な効果が期待できます。

 

食物繊維が摂取量とバランスはどれくらいなの

A.食物繊維には不溶性食物繊維・水溶性食物繊維の2種類があり、それぞれ不溶性2:水溶性1のバランスが理想とされています。この値をみた時不溶性の方が必要と思えますが、実は不溶性は食材から摂れる割合が大きいのですが、水溶性食物繊維は食材から摂取できる量が少ない為、日本人に不足しているのは水溶性食物繊維となります。

 

野菜ジュースから摂取できる栄養素

A.


ホーム RSS購読 サイトマップ